WILD THINGS(ワイルドシングス)タグで見る年代判別法

      2020/12/31

本日の人気記事TOP5

1981年アメリカ、ニューハンプシャー州ノースコンウェイにて創業。フランスにて代々続くマウンテンガイドの娘であり、アメリカを代表する登山家でもあるマリー・ミューニエールが立ち上げた「WILD THINGS(ワイルドシングス)」。軽くてタフでなければいけない。を信条にその名の通り、非常に軽く丈夫なマウンテンギアで有名です。

そんなワイルドシングスのタグで見る年代の見分け方をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

WILD THINGS(ワイルドシングス)タグで見る年代判別法

年代はズレる可能性があります。

81~87年「初期タグ」

わずか6年間という使用期間のワイルドシングス初期のタグ。噂ではアークテリクスの人気に追いつこうと似たタグを作ったのではと言われてますが真偽はわかりません。

また、最近は復刻物で同じタグが使われていますが、品質表示タグがあり、代理店表記があるため、ヴィンテージの判別はそちらでできます。

 

88年~

現在も使われるタグに変更となるほか、88年から日本に上陸する。以降日本規格の物も存在する。

モデルとか使われている生地によって年代が細かくわかるようですが、タグからは明確な年代はわかりません。詳しい方ご教授お願いします。。。

ちなみに、

d0273756_19555948.jpg

こちらは90年代後期~2000年代初期のもの。

d0273756_201062.jpg

こちらは2000年代初期のもの。

 

字が太いのものは日本規格のようです。

写真はありませんが、アメリカ仕様のものでWILD THINGSの下に「EQUIPMENT FOR CLIMBERS」と入るものもあります。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

かなりあやふやで申し訳ありません。

歴史はそんなに古くはないですが、情報が確立していなく、ここまでで今回は止めさせてもらいます。以降詳しく分かりましたら更新していきます。

こうやって見ればいいんだよ!と教えて下さる方、よければ下部のお問い合わせフォームでご連絡いただけると幸いです。

また、他にもアウトドアブランドとして有名なグラミチの年代を見分ける方法もまとめましたのでご覧ください。↓

 

以上「WILD THINGS(ワイルドシングス)タグで見る年代判別法」でした。

スポンサーリンク

 - WILD THINGS(ワイルドシングス), ★アウトドアブランド